堺の出会い掲示板をまだ探してるの?

体が折れて働けなくなった今、こういうものを持っていました。

数十年前、当時、私は就職活動をしていて、堺の出会い掲示板と面接をしていましたが、うまくいきませんでした。片手で面接をして次の会社のブースで面接を待っていると、面接官が少し輝いていたように感じました。
しかし、結果は却下されました。

堺の出会い掲示板

結局、結果は得られず、半年後の後半に面接に復讐した。
会議が始まってから早いです。
「ああ、あなたは」
振り返ると、前の会社のインタビュアーはこう言った。
「まだ探してるの?」\
“はい”
「堺の出会い掲示板、在宅勤務してみませんか?」\
提案されました。もちろん、私はお辞儀をして安心し、家に帰りました。

客観的には、前回の面接で、企業が求める雇用面のスキルがなく、半年経っても変わらないことを知りました。しかし、インタビュアーに何か印象が残り、関係は再びつながった。
面接に失敗してがっかりするのではなく、彼に感謝し、できるだけ笑いました。ですから、堺の出会い掲示板があったかどうかはわかりません。

しかし、人々の関係や出会いは「魂」についての問いかけであり、年収、外見、仕事、状況によって決まるものでも、決まるものでもありません。
孤独対策については、「人に寂しい」と言っています。
一人でいることを勧めるのは、おそらく世界の「意見」としての過半数です。

私は天の悪霊であり、それを疑っています。
そんな本を書いて意見を言う人はあなたの周りにいませんか?
本当に誰とも取引しない人…
たとえば、配偶者の前に一人の老人が「友達が欲しい」と言ったとき。
「孤独は悪いことではない」と自慢できますか?
私は自信があるのでそれは一般化されていると思います…私はそれがただ強い個人的な考えだと思います。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です