大阪は午前中から午後遅くまで
私は眠くなる言葉は完璧だと感じます
とにかく、私は眠りにつく、起きて再び眠り、起きて再び眠りにつく

大阪は眠ることができないか、あまり眠れない、私は忙しいです

今何かがおかしい

私は大学生でした
大阪・高槻のゆるキャラ『はにたん』

物語を読むことに深く関与する機会となりました、
絶版の本あぼうなおこ
私はそれを手に入れることができた
1989年の初版

やはりそれは私の起源でした
短編映画はすべて素敵です

銀の小さな箱の中のアイシャドウ
赤、琥珀色、黄色の美しいペンキ
大阪を洗い流したロシアのお茶
ふっくらと温かいホットケーキ、
オレンジ色の自転車、さらにはハンドル、ペダル、キャリア、ベル。
空に浮かぶガラス製エレベーター
月光の光の布と星光の銀のリボンで作られたマント、