大阪で暮らすのに十分なほど強くはありません。
それにもかかわらず、私は「喜んでください」とスラッシュし続けた。
すみません、無意識のうちに言っています良いこと悪いことがあります。

大阪は初めて同じことを他の人にも気づきました。
幸せになってください?
あなたと話をする今回は幸せです。
それをするのはとても悲しいことです。
チーズフォンデュが美味しい大阪のお店

うーん、私は勉強になった。

いつから、体温をうまく調整できないのか。
コールド。 。私はまだ私の毛布をあきらめることはできません。
肌が恋しい。あなたの肌がなくても、私は人がいなくて寂しいです。
話したい。そのつながりを大切にしたい。
私は大阪にそれを当てにしてほしいです。私はあなたに私を振ってほしい。

しかし、私は裏切られてもうけがをすることになるとは思えません。
私はあなたが私と一緒にいてほしいとあなたに言うことはできません。
私はもう自分の意見を課すことはできません。