八尾のタイルで滑り、滑り落ち、叩かれている… …嫌なこと〜ショッキングショッキング沈んで落ちる誰もの匂いで私を震わせるトイレの足 – ショッキングなにおい帰り道に衝撃を与える…私の後ろに1つしかない…足跡が足りない!八尾は…かわいいにおいをする夫の夫
遠くの夢の中で〜

それは空に消えた〜

花火の花火
この

ごめんなさい( ‘・ω・ `)

八尾で飲食店開業を目指す僕が憧れる地元のお店


私は何か愚かなことをしたい
八尾は発汗していて、
会社で働く〜Train
どんなにあなたが夢でも
それではない。
私は弱すぎる。
これだよ
私にはカエという資格はありません。
それが強くなると
だんだん、