私が突然理解したとき、なぜ彼がそのようなことを言っ始めたのか理解しました。約半年前、私は、大阪が長い間無人で長時間放置されていたブログへのエントリーを読んでいるように思えました。私は “大阪は本当に動かされたので、結局何かを書くべきだ”と言った。

大阪の人々を見守る水掛不動

私は半年でエントリーを読んだ。友人に関する記事。それは楽しいコンテンツではありません。特定のものと普遍的なものとの間で揺れても、特定のものにコミットする必要があったというぞっとするような魅力があった。大阪のイベントはここでは言及されていませんが、文章

しかし、再び。