大阪が若いときは早すぎます。

私はこの年齢になっているので、そう思います。

本当に愛と希望に満ちた人生を送りたいです!

振り返るには遅すぎますが、この年齢になる前にこのサイトに会いたかったのです!
絶対に必要な先生。 』\
晴れの日。

今、私の先生は私を去っています。

私は過去10年間一緒に住んでいます。

今突然去るのはひどいです。

大阪は必死にあなたにとどまるように頼んでいます、しかし私は返事をしていません。

これからどう生きたらいいのかわからない。

今までは良いことばかりではありませんでしたが、今まで色々と冒険してきました。

永遠に続くと思いました。

大阪の終わりが来る!
「他の人がいたら。」\
自己肯定感はありません。

私は自分自身が嫌いです。嫌い。

他の人がいたら、友達になることはありません。

しかし、この孤独感は私が欲しかったものです。

現在の年齢で変わりますか? (不可能な)。

今から回復できますか? (不可能な)。

さあ、一人で行こう!