若いかどうかは、手を見れば簡単にわかります。

私の会社の大阪でさえ、顔を見ることなく「手」を見ます。

大学生の店員の「手」とは、家事や子育てをしている「手」です。

妻の「手」も家族のために頑張った「手」でもありました。

母の「大阪」がおばあちゃんの「手」になりました。

苦労していると言いたくなる「手」です。

10代の少女の「手」は、汚れたものに触れることなく「手」のように見えます。

20代前半の女の子の「大阪」は、美しい手でもあります。

一緒に食べに行くと、美しい「手」も見えます。

私はこれらの「手」に触れて、それらを握ってもらいたいのです。

20代後半の女性の「手」は疲れ始めている。

自分にお金をかけているのか、誰かのために頑張っているのかはわかりません。