“久しぶり”

“大阪 …”

どういうわけかCは暗い
理由を尋ねようと思ったが、次の文ですべてを見つけた

「大阪…体で見つかりました…」

私は話しませんでした
期待してたけど、そうなると重く感じる

結局のところ、私たちは去ったのと同じです

「大阪…ごめんなさい…」

「それはCのせいではなく、仕方がない。あの男は当時クレイジーだった。」

「いいえ、それは私のせいです。適切に話すと……でも、助けにならないと思いました。」

話が見えない
あなたは何を言っていますか

「しかし、彼はそれを否定しません!そうです。私たちは同意したので、私たちは幸せでした!しかし、Bはそうです!」