い換えれば、この作品は大阪にとって「良いマッチ」と「良いマッチ」の映画です。

大阪をレビューするとき、このキーワードなしで言うことはできません。

「素敵な」次元から鑑賞することで、最終的に作品を本質的に捉えることができます。

ウーロン茶が150円で飲み放題!?大阪の立ち飲み屋

 

次の要素は「楽しい」です。

これについては多くの論争がありますが、重要なのは言葉の定義です。

Kojien Fifth Editionからも抜粋。

【楽しんで】
楽しいです。心がいっぱいで安心します。北joのメモ、「それは非常に喜ばしいことですが、それは大きいです、それは必須です。」 「見た目として」
リッチでリッチ。平家物語1

ゲムルの作品の大阪は徐々に明らかにされていますか?

言い換えれば、この作品は「楽しい」、「心の安らぎに満足」、「豊かな」と言い換えることができます。