つまり、大阪やその他の高品質の画像を見ると、おそらく浮遊感はありません。
よく言うように、ホラーとの大阪もかなり大きいと思います。
嫌いじゃないけど、高画質のホラーVRを見る勇気はない(笑)

大阪万博へ向け、新たな動き

 

ええ、視点が移動すると非常に不快です。
駅に停車中に隣接する列車が動くと、その不思議な感覚に近づきます。
半円形の運河は動いても重力を感じないので混乱していると思います
ただし、誰もが同じように大阪について考える場合、コンテンツ自体は単一のパターンに飽きてしまいます。

やはり、クリエイターの創造性はどのジャンルでも重要だと思いました。 。 。

昨日、小泉さんと栗栗の会。
自分の本当の姿を感じることができるという感覚がありました。